救急看護認定看護師の役割とは?

救急認定看護師の役割には大きく3つに別れています。
一つは、事故や怪我、火傷、脳卒中や心筋梗塞などの病気を突発的に発症した方などの患者さんの
救命処置です。
救命処置だけではなく、患者さん本人とその家族への精神的なサポートを行う事も重要な役割です。

二つ目はスタッフへの指導です。
看護の質を高めるために、認定看護師として学んだ知識を皆に指導していくのです。
現場での実践の他に、勉強会等でも蘇生方法や救急についての指導を行います。

三つ目は相談です。
患者さんやその家族が、少しでも治癒し精神的に安定する為に看護師自身悩んでいる事などに
対してもアドバイスをしていくことです。

このことで、看護師自身のスキルもあがっていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA